目の前には豊かな緑が広がり、つい日常を忘れて深呼吸したくなる、そんな「東京にあって 東京にない」ホテル。

心も体も健やかであること「Well-being(ウェルビーイング)」をコンセプトに、新宿からたった30分で非日常に飛び立ち、食、温泉・スパ、フィットネス、自然など様々な癒やしを気軽に楽しむことができる、東京・立川の「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」が1周年を迎えました。

ちょうど訪れた時は、梅雨の憂うつな気持ちを明るく晴らすかのようなカラフルな傘のアートと、美しい紫陽花がお出迎え。

SORANO HOTELでは、基本の客室タイプから52㎡以上という広々とした空間に、昭和記念公園に面したパークビューを楽しめる、全室バルコニー付き。

世界的に活躍するフランス人デザイナー、グエナエル・ニコラ氏によるインテリアデザインは、華美な装飾はせず、余計なものは極力置かない。豊かな緑の景色が重要なインテリアの一部だとする、ナチュラルでありながらもスタイリッシュな印象。

ぐっすり眠れるように、一般的なホテルではまず見られない高品質グレードのハンガリー産マザーホワイトグースを使った羽毛ふとんを導入するだけでなく、品質と環境配慮の観点から、リサイクルできず産業廃棄物となるスプリングのコイルマットレスではなく、リサイクルも可能な高反発ウレタンフォームマットレスを採用。

また、一般的なホテルでは毎日大量の使い捨てアイテムの廃棄が発生しますが、SORANO HOTELでは一度限りの使い捨てアイテムは極力常備せず、宿泊の際は歯ブラシの持参を事前にアナウンスしたり、部屋で使用したスリッパは家に持ち帰って使用することを呼びかけており、人だけでなく環境にも優しい「サスティナブル」な観点も大事にしています。

その代わりに、EUオーガニック最高水準NaTrue認証取得のヘアー・ボディシャンプー、コンディショナーなどのアメニティ、上質なタオルやリネン、バスローブなどの備品が用意されており、エコ・ファーストでありながらも快適に過ごすことが可能。

客室も素晴らしいことながら、忘れてはいけないSORANO HOTELのシンボルといえば、シンガポールのマリーナベイサンズを彷彿とさせるような、ルーフトップの「インフィニティプール」。

広大な空と、豊かな緑の景色と一体化することができ、天気の良い日は遠くに富士山も眺望できる絶景スポット。

ただのプールかと思いきや、温泉水が使われており、素晴らしい景色にを眺めながら癒やしのひとときを過ごすことができます。

インフィニティプールの下の階では、ジェットバス、アロマの香りも楽しめる低温ナノミストサウナを完備。

また、スパフロアには素晴らしい景色を楽しみながらトレーニングを楽しめるジムスタジオも備えており、医学的根拠に基づいたパーソナルトレーニングやコンディショニングなどのプログラムも受けることが可能(要予約)。

心も体も健やかであること「Well-being」をコンセプトとするSORANO HOTELでは、滞在、温泉・スパ、フィットネスだけでなく「食」にもかなりのこだわりが。

ホテル内のDAICHINO RESTAURANTでは、国産・地産地消、無農薬、生産者の顔が見えるこだわりの食材などにこだわられており、店内にはお酒・魚・野菜の3つのセラールームもディスプレイされ、特に野菜に関してはただ保管するだけでなく「活性化」して更に栄養価・美味しさを高める工夫もされています。

料理はもちろん、各部屋に配備されているお水にもこだわられていて、超軟水のナチュラルミネラルウォーター「富士の湧水」を使用。和食の決め手となるおいしい出汁を取るにも、最良の水だそうです。

朝食は「一汁三菜」を基本とした、「褻(ケ)の朝食」をチョイス。

野菜や発酵食品が取り入れられ、素材や出汁の旨味が活きた、体に染み渡るような美味しさ。

緊急事態宣言下だったため、今回の滞在では訪れることが出来ませんでしたが、ホテル内11F にはインフィニティプールを眺めながら、オリジナルのカクテルや様々なドリンクを楽しめるルーフトップバーもあり、夜は雰囲気も抜群なのでデートにもオススメ!(写真は以前滞在した際の様子です)

ロビーに隣接するラウンジでは、宿泊者であれば追加料金なしでドリンクを自由に楽しむことができる。(写真は辛口ジンジャーエール)

先日訪れた際は夏場も近いので、関西で夏バテ予防に古くから愛されている「ひやしあめ」も提供されていました。

メニューによっては客室へのテイクアウトも可能。

環境配慮の観点から、使い捨てではないタンブラーで用意されたのですが、使い捨てのカップよりも大容量で、長時間経っても美味しい温度で飲める上に、環境にも優しいのでとても好印象でした。

ここまで上質でありながらも、心も体も健やかに整えられる「Well-being」のみならず、環境にも優しい「サスティナブル」な宿泊体験は、なかなか他では味わえないはず。

ぜひ大切な誰かと一緒に、特別な体験・癒やしのひとときを過ごしてみては?

SORANO HOTEL
住所:東京都立川市緑町3-1 W1
TEL(宿泊予約):042-540-7776 (9:00-19:00)

https://soranohotel.com/

この記事を書いた人
佐々木 貴美
薬に頼りすぎず、漢方・ハーブ・アロマなどの自然療法、予防医学、栄養学、美容などもバランス良く取り入れ、「体の内側から健康で美しく、ハッピーに」をコンセプトに発信する、ホリスティック薬剤師。W holistic pharmacy顧問。「オンライン優しい漢方」漢方薬剤師。電子書籍「健康美を手に入れて自分を輝かせるための15の処方箋」著者。デッドスペース×広告のマッチングサービス「MACHISUPE(マチスペ)」PR。

関連してる記事