【FYTTE連載#2】体を温める正しい「しょうが」のとり入れ方

【FYTTE連載#2】体を温める正しい「しょうが」のとり入れ方

学研が運営するヘルスケアメディア「FYTTE」に、連載「ホリスティック薬剤師の処方箋」が掲載されました。

第2回となる今回のテーマは、「体を温める正しい「しょうが」のとり入れ方」。

「万病のもと」ともいわれる冷え。実際に体温が1度下がると、健康や長寿に欠かすことのできない酵素の活性が50%下がるほか、免疫が30%、さらに代謝も12%低下してしまいます。

また、冷えは血流を悪化させるため、女性の場合は生理痛や不妊につながる可能性も否定できません。

記事では、冷え対策に効果的なインナーケアとアウターケアについてお話しさせて頂きました。

ホリスティック薬剤師の処方箋 ~体を温める正しい「しょうが」のとり入れ方~
ホリスティック薬剤師の処方箋 ~体を温める正しい「しょうが」のとり入れ方~
「万病のもと」ともいわれる冷え。実際に体温が1度下がると、健康や長寿に欠かすことのできない酵素の活性が50%下がるほか、 …
fytte.jp

※記事中で紹介されている「コロリエ薬局」は、現在存在しておりませんのでご注意下さい。

この記事を書いた人
佐々木 貴美
薬に頼りすぎず、漢方・ハーブ・アロマなどの自然療法、予防医学、栄養学、美容などもバランス良く取り入れ、「体の内側から健康で美しく、ハッピーに」をコンセプトに発信する、ホリスティック薬剤師。W holistic pharmacy顧問。「オンライン優しい漢方」漢方薬剤師。電子書籍「健康美を手に入れて自分を輝かせるための15の処方箋」著者。デッドスペース×広告のマッチングサービス「MACHISUPE(マチスペ)」PR。

関連してる記事